中国で「二次元エコノミー」が急成長中 金のなる木に企業が照準

dafa888

2018-12-12

如果一份你喜欢的工作占据了你的生活却没有回报,你会意识到这一点(之前没意识到的话),并为此做些什么。所有这一切都关乎平衡,公平和更好的待遇。你正再次受到瞩目,你已经为攫取人权与自由做好了战斗的准备(或者至少是一些全新的改变)。

  今年5月底,在线少儿编程平台编程猫对外宣布获得新一轮3亿元人民币融资,由招银国际领投,松禾资本等跟投。此前,编程猫还曾获得高瓴资本等机构投资。事实上,少儿编程在发达国家早已火起来,但在我国的发展时间仅有短短几年。2014年,浙江大综合考试开始试点编程;2016年,《教育信息化十三五规划》将信息化教学能力纳入学校办学水平考评体系。而真正将少儿编程推上风口的,则是去年7月国务院发布的《新一代人工智能发展规划》,当中明确提出,要在中小学阶段设置人工智能相关课程,逐步推广编程教育。

  社区居民、公务员法塔赫·哈桑是活动的主要负责人。他告诉记者,赛义达社区连续6年举办千人规模的开斋饭,免费邀请社区居民参加。“这样的开斋饭使邻里关系更加融洽,从采购食材到装饰街道、准备和分发食物,每个人都在参与和奉献,这正是斋月的意义所在。

  加强隐患排查,清除火灾隐患。

  紧接着,三哥和姐嫂五人也下岗了。当时张景宏的丈夫刚在乡下参加工作,看着两个哥哥撇下的一双双儿女,开始对生活失去信心,甚至万念俱灰。正是这个时侯,张景宏走进了这个家庭。当时的张景宏是沛县魏庙镇卫生院的护士,每次倒休的时候,她就抽空到丈夫正家帮着洗衣、做饭,照顾老太太,那段时间,体弱多病的婆婆整日以泪洗面。张景宏的到来为这个不幸的家增添了些许暖意。

  对于服务贸易,我们现在可以说是逆差,进一步开放服务业会付出一些代价,但可以促进提高我们产业的竞争力。下一步重点要放宽服务业的准入,比如说在养老、医疗、教育、金融等领域,我们会加大放宽准入力度,在一些方面逐步放宽甚至取消股比的限制。我们还会全面放开制造业,在这方面不允许强制转让技术,我们将保护知识产权。  我们的外商投资负面清单制度会进一步进行调整缩减。今年及今后几年会逐步放宽准入。

  我们要营造有利于创业就业的环境,不是靠政府去提供铁饭碗,而是让人民群众用劳动和智慧去创造或者说打造金饭碗。这几年我们就是通过创造岗位实现了比较充分的就业,这里我还想请记者朋友包括外国记者能够多报道中国的就业岗位是靠自己创出来的。  我们完全有能力扩大就业,不会也不允许出现大规模群体性失业,对于一时不能就业、生计没有着落的群众,政府会负起责任,保障他们的基本生活。谢谢。

    3月12日,十二届全国人大五次会议在北京人民大会堂举行第三次全体会议。最高人民检察院检察长曹建明作最高人民检察院工作报告。新华社记者李涛摄  曹建明:  深入推进检察机关提起公益诉讼试点。认真贯彻党中央部署和全国人大常委会授权决定,13个省区市检察机关试点以来在生态环境和资源保护等领域共办理公益诉讼案件5109件。

上海で集まってゲームをする、陰陽師のキャラクターに扮したコスプレイヤーら。

中国では現在、二次元(アニメ漫画ゲームなどを総じたジャンル)エコノミーが急成長中で、以前は一部の人に好まれる文化だったものが今は主流文化へと変化している。

中国新聞網が報じた。

ピザハットと、中国のIT大手網易傘下の「網易移動遊戯」が運営するモバイルゲーム「陰陽師」がこのほど、業界を超えて提携。

上海や北京、杭州、成都、西安、深セン、広州、鄭州などの都市のピザハット1700店舗で、「陰陽師」を背景にしたテーマレストランを展開している。 ピザハットは若い消費者が集まる地域をチョイスし、テーマレストランを打ち出し、それに合わせて「陰陽師」関連のメニューも用意した。 さらに、人気コスプレイヤーを招き、90後(1990年代生まれ)や00後(2000年代生まれ)を呼び込んでいる。 アニメやオンラインゲームが今年の夏、各企業にとっての「金のなる木」となり、「二次元エコノミー」というビッグウェーブに乗って一稼ぎしている。 陰陽師のキャラクターに扮してピザを運ぶピザハットの店員。

また、中国の旅行市場も、その特徴を生かすと同時に、市場のニーズに合わせようと努めており、「二次元」をテーマにした観光地が急成長している。

中国の上海ディズニーランドや杭州ハローキティテーマパーク、常州ウォークラフトテーマパークなども「二次元」をテーマにした新たな観光地。

中国国産アニメ、ゲームが成長するにつれ、業界関係者は、「中国の二次元観光経済の急速な発展を牽引する」と断言している。

また、元祖「二次元」である日本も、その資源が最も豊富な海外旅行先となっている。

そして、その魅力がさらに掘り起こされており、さらに多くの中国の90後、00後にとって魅力ある場所となっている。

人気アニメ「スラムダンク」のオープニングシーンに登場する場所として人気の鎌倉高校前駅や中国のネット上で大人気のゆるキャラ「くまモン」がPRする熊本県など、「二次元」文化の盛り上がりの影響を受けて人気になる日本の観光スポットは増加しており、中国の90後や00後の間で好評を博している。 中国の大手旅行情報サイト螞蜂窩がこのほど発表した90後の旅行スタイルに関する研究報告のビッグデータによると、現在、中国の90後の42%がアニメや映画、ドラマなどの聖地巡礼に行くことを好んでいる。 報告によると、90後にとって「旅行」は普通の事となっており、旅行を生活においてありふれたものだと見なす90後が増加している。

そのため、90後が旅行に出かける理由も、一層自由気ままなものとなっている。

螞蜂窩旅游研究センターの責任者馮饒さんは取材に対して、「旅行が普通のこととなってきている今、90後らが旅行先を選ぶ理由も増えている。 二次元文化の流行は、二次元旅行の人気に拍車をかける直接的要因で、二次元と関連付けた旅行先やテーマは、90後にとって大きな魅力となる」と分析している。

(人民網日本語版)推薦記事:。